CBRより

新型コロナウイルスが大流行する中、コミックブック業界は依然として厳しい状況にあり、マーベルコミックスは5月と6月分のコミックスについて、約3分の1の作業を「一時停止」することを発表した。

マーベルは、この決定は「今後数週間と数ヶ月の間に出版物の量を分散させるのに役立つ」ために行われたと語った。 同社はこの変更によって影響を受ける具体的なタイトルや、影響を受けない書籍の出版や再開時期については明らかにしていない。 マーベルは「3分の1」という数字を明確にし、保留になっている書籍は 「実際にはタイトル数の15~20パーセントだが、その月にダブルシップがあることを考慮すると、発行数の3分の1程度になる」と説明している。

すでに影響を受けたコミックに所属するクリエイターにはその決定を伝えており、クリエイターへの支払いについてマーベルは「すべての才能は、これまでの仕事のために支払われるだろう」と保証している。

新型コロナウイルスの発生により、初日からコミックショップは苦境に立たされていたが、マーベルはそのタイトルに割引を提供して、小売店の圧力の一部を取ろうとした。 しかし、ダイアモンド・コミック・ディストリビューターズが一時的に閉鎖され、4月1日以降の発売日のコミックは出荷されないというニュースが流れ、事態はより複雑になった。 出版社はダイヤモンド社からの支払いが当分の間停止されることが明らかになったときに、別の打撃を受けました。 コミックハブはこの混乱の中で、大手出版社に一時的にデジタルファーストの配信システムを提案したが、その構想はもはや前進していない。

created by Rinker
Marvel
¥4,368 (2022/05/23 17:39:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥6,548 (2022/05/23 09:00:13時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す