CBRより

サンディエゴ・コミコン2020が新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、正式に開催しないことを発表した。

50年の歴史の中で初めて、毎年恒例のポップカルチャーの祭典であるサンディエゴ・コミック・コンベンション(SDCC)の主催者は本日、2020年のコミコンが開催されないことを深く残念に思いながら発表しました。代わりに、2021年7月22日から25日までサンディエゴ・コンベンション・センターで開催されます。

毎年、数え切れないほどの参加者がコンベンションのために貯金をして計画を立てていること、また、出展者や利害関係者の多くがそのイベントに生計の大部分を依存していることを認識し、夏までにCOVID-19への懸念が軽減されることを期待して、この決定を延期することを望んでいました。継続的な健康状態の監視とカリフォルニア州知事の最近の声明により、今年の計画を進めることは安全ではないことが明らかになった。

同様に、2020年4月10日~12日に開催される予定だったワンダーコン・アナハイムは、2021年3月26日~28日にアナハイム・コンベンションセンターに戻ってきます。

コミコンは彼らのコンベンションに加えて、2021年夏のコミコンミュージアムのグランドオープンに向けて、バルボアパークのフェデラルビルの大規模改修を計画しています。しかし、COVID-19の影響もあって、これらの取り組みにも影響が出てきています。そのため、当初予定されていた大規模な改装は変更されますが、グランドオープン時の体験は縮小されることはありません。今後数ヶ月のうちに、ミュージアムの変化を示す建築計画を発表し、その取り組みについての詳細をお伝えしていく予定です。

また、SDCCはコミコン2020のバッジを購入した人は、返金を要求するか、またはバッジをコミコン2021に移すことができることを発表しました。2020年のバッジをお持ちの方には、来週中に返金請求の方法を記載したメールをお送りします。また、Comic-Con 2020への出展者は、Comic-Con 2021への返金請求や支払いの振り替えを行うことができ、また、翌週中に返金請求の手続き方法を記載したメールをお送りします。

数日後には、Comic-Conの公式ホテル関連会社であるOnPeakは、すべてのホテル予約をキャンセルし、それらを介して行われたすべてのデポジットを返金する予定です。OnPeak経由で予約した人は、オンラインで予約をキャンセルしようとしたり、電話で会社に連絡するなどのアクションを取る必要はありません。OnPeakで予約した人には、返金が完了した時点で通知されます。

組織の広報担当であるデビッド・グランツァーは「異常な時期には臨時の措置を必要とし、我々はこの行動を取ることを悲しんでいる間、我々はそれが正しい決定であることを知っている。我々は皆が再会し、皆が愛し楽しみにしているコミュニティで共有できる時を心待ちにしている。」と語った。

created by Rinker
Marvel
¥4,154 (2021/12/07 04:09:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650 (2021/12/07 02:07:44時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す