CBRより

著名な漫画家デニス・”デニー”・オニールが81歳で亡くなった。

Newsaramaによると、オニールの家族は彼が6月11日に自宅で自然死したという。

オニールさんは1939年にミズーリ州セントルイスで生まれ、大学卒業後は海軍に入隊し、最終的には新聞社でコラムを書く仕事に就いた。これは彼がマーベルでスタートを切るのを助けたロイ・トーマスの目に留まり、後に「ストレンジ・テイルズ」、「ローハイド・キッド」、「ミリー・ザ・モデル」、「デアデビル」、「X-MEN」等を書いた。

マーベルでの最初の仕事の後、1968年にDCが活躍し、「ワンダーウーマン」と「ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ」の現状を揺るがし、クリーパーを導入しました。特にJLAの活動は、オニールの最も注目すべき作品の1つであるグリーン・ランタン/グリーン・アローの基礎を築くのに役立ち、また「グリーン・ランタン」#85-86ではロイ・ハーパー/スピーディがヘロイン中毒であることが明らかになった。

オニールはまた、バットマンの象徴的な敵ラーズ・アル・グールを共作し、トゥーフェイスとジョーカーを復活させ、レスリー・トンプキンスを共作し、バットウーマンことキャシー・ケインを殺した。

オニールはマダム・ウェブ、ハイドロマン、オバディア・ステイン/アイアンモンガー、シルバー・センチュリアン・アーマー、アズラエルなどの共同制作者としてクレジットされている。

created by Rinker
¥2,748 (2021/11/30 05:55:26時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す