CBRより

サム・ライミ監督の「スパイダーマン」3部作は欠点はあるものの、観客の記憶に残りヒットを飛ばした。2002年の「スパイダーマン」は映画におけるスーパーヒーローというジャンルを再定義し、後の映画化に向けてのスーパーヴィランの基準を設定し、最終的にはピーター・パーカーとメリー・ジェーン・ワトソンのロマンスをより多くの人に知ってもらうことに貢献した。

「スパイダーマン」の脚本を担当したデヴィッド・コープは、スパイダーマン3部作の当初のアイデアは、ピーター・パーカーとグウェン・ステイシーに焦点を当てた全く異なるストーリーであったことを明らかにした。コープはColliderとのインタビューにおいて、「基本的に(私の3部作のアイデアは)グウェン・ステイシー/ハリー・オズボーンの物語を語ることだった。第2作の途中でグウェンを殺したかった。それは『帝国の逆襲』のモデルに沿っているからで、別のヴィランを使ってみたかった。」とコメントしている。コープはどのヴィランを狙っていたのかは明かさなかった。

また、ソニーの「アメイジング・スパイダーマン」は、彼が元のビジョンに戻るための別の機会を提供してくれたことを明らかにした。コープは「私は戻ってきて、最初に話し始めた物語を完成させようとしていることに興奮していた。しかし、私は『少年よ、もう戻れない。』と思った。その時はもう過ぎてしまった。本当に感じていたのは10年前のことで、それを再現しようとしても意味がない。だから私は手を引いた。」と創作意欲が不足していたことを明かした。

サム・ライミ監督の3部作では、グウェン・ステイシーは「スパイダーマン3」に登場しているが彼女の役割は限定的で、ピーター・パーカーとの関わりは短いものだった。「アメイジング・スパイダーマン」のシリーズでは、ステイシーはメインキャラクターとして登場した。彼女は「アメイジング・スパイダーマン2」で殺され、コミック本に登場する彼女の死のシーンを再現するような描写だった。

created by Rinker
¥4,275 (2020/09/23 17:44:19時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す