CBRより

ワーナー・ブラザースはDCコミックス、DCエクステンデッド・ユニバース、アローバース、DCユニバース、ワーナー・ブラザース・ゲームズなどの各世界からの発表を中心に行う、24時間無料のバーチャルファンイベント「DCファンドーム」を開催することを明らかにした。

「DCファンドーム」は太平洋夏時間の8月22日(土)午前10時(日本時間8月23日午前2時)より開催され、ファンに「アクアマン」、「バットマン」、「バットウーマン」、「ブラック・アダム」、「ブラックライトニング」、「DCスーパーヒーローガールズ」、「レジェンド・オブ・トゥモロー」、「スターガール」、「ドゥーム・パトロール」、「フラッシュ」、「ハーレイ・クイン」、「ジャスティス・リーグ スナイダーカット」、「ルシファー」、「シャザム!」、「ザ・スーサイド・スクワッド」、「スーパーガール」、「スーパーマン&ロイス」、「ティーン・タイタンズGO!」、「タイタンズ」、「ウォッチメン」、「ヤング・ジャスティス:アウトサイダーズ」、「ワンダーウーマン 1984」などの映画やテレビ番組の背後にいるキャストやクリエイターから話を聞く機会を提供する。

「DCファンドーム」の中心地である「ホール・オブ・ヒーローズ」では、ファンは9カ国語以上(日本語を含む)の言語で特別番組、パネル、コンテンツを体験することができる。マルチバースは若いファンから年配のファンまで、5つのサテライトワールドが設けられている。5つの世界の説明は以下の通り。

DCウォッチバース:パネルや独占上映会から、今までに見たことのない映像まで、DCフィルム、テレビ、ホームエンターテインメント、ゲームなどのキャスト、クリエイター、舞台裏のクルーが登場する。

DCユーバース:ファンが主役のこの世界に飛び込んで、世界中のユーザーが作成したコンテンツやコスプレ、ファンアートを見る。

DCキッズバース:何時間でも子供を楽しませる方法が必要?DCKidsFanDome.comで直接アクセスできる特別な世界で、若いファンのためのファミリー向けアクティベーションを提供。

DCインサイダーバース:このクリエイティブな世界は、伝説的なアーティストであり、DC CCO/パブリッシャーのジム・リー、DCベースの映画制作会社ウォルター・ハマダ社長、DC TV「アローバース」の生みの親であるエグゼクティブ・プロデューサーのグレッグ・バーランティが、101スタイルでDCマルチバースを紹介しながらファンを歓迎する映像を中心にコンテンツを提供。コミックブックからゲーム、テレビ、映画、テーマパーク、コンシューマー製品など、あらゆる形でDCに命を吹き込む職人たちの舞台裏を覗いてみましょう。

DCファンバース:DCファンドームを体験して、魅力的な共有アイテムを集めましょう。コミックブックリーダーをチェックしたり、WW84ゴールデンアーマーとバットモービルのキットをDIYしたり、さらにデジタル景品や限定品を含む商品が満載のショップをご利用ください。

DC FanDomeの公式サイトはDCFanDome.comで、ジム・リーの歓迎の言葉が掲載されている。DCファンドームは8月22日(土)午前10時(日本時間8月23日午前2時)より開催。

created by Rinker
¥1,650 (2021/12/08 03:27:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥400 (2021/12/08 05:40:09時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す