CBRより

映画「ジャスティス・リーグ」で「サイボーグ」を演じたレイ・フィッシャーは、ジョス・ウェドン監督の撮影現場でのキャストやクルーへの扱いが「粗悪で、虐待的で、プロ意識がなく、完全に受け入れがたい。」と主張している。 サイボーグ俳優はまた、ジャスティス・リーグのプロデューサーであるジェフ・ジョンズとジョン・バーグについても言及した。

フィッシャーは、ウェドンへの以前の賞賛を撤回してから数日後に、再びTwitter上で、「ジョス・ウェドンの『ジャスティス・リーグ』のキャストやクルーに対するセットでの扱いは、粗悪で、虐待的で、プロ意識がなく、完全に受け入れがたいものだった。彼はジェフ・ジョンズとジョン・バーグによってそれが可能になっていた。 説明責任>エンターテイメント」と投稿している。

ソーシャルメディア上で何年にもわたって世間から非難の声が上がっていたが、ワーナー・ブラザースがザック・スナイダー版の「ジャスティス・リーグがついにHBO Maxでデビューすることを正式に発表した。 ビクター・ストーン/サイボーグ役のフィッシャーの多くのシーンは劇場版「ジャスティス・リーグ」からカットされたと報じられており、スナイダー監督はその多くをソーシャルメディア上で共有していた。

ザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」は2021年にHBO Maxで独占公開される。

created by Rinker
¥299 (2020/08/10 01:16:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2020/08/10 00:15:53時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す