ComicBook.comより

サム・ライミ監督による映画「スパイダーマン2」は公開から16年以上が経ち、最初に映画に関連付けられた脚本家のデヴィッド・コープは、あったかもしれないいくつかの舞台裏の情報を明らかにしている。

ライミ監督の「スパイダーマン」の脚本家であるデヴィッド・コープは、最近、個人的な履歴書サイトにスパイダーマンの脚本をアップロードした。 「アメイジング・スパイダーマン」と題された脚本は、最初の「スパイダーマン」の続編として開発されていたが、グウェン・ステイシーとエディ・ブロックが登場するなど、多くの違いがあった。

コープはファンに人気のあるキャラクターを続編に入れたいと考えていたが、どちらのキャラクターも実際には「スパイダーマン3」まで登場せず、コープは最終的に映画のプロジェクトから離脱した。その後、アルヴィン・サージェントが「スパイダーマン2」「スパイダーマン3」の脚本を担当した。 コープが作品のために書いたすべての脚本は、彼のウェブサイトで見ることができる

コープは最近、彼の構想の3部作を完成させるために、「アメイジング・スパイダーマン」の作品に戻るつもりであったことを明らかにした。コープは「私は戻ってきて、最初に話し始めた物語を完成させようとしていることに興奮していた。しかし、私は『少年よ、もう戻れない。』と思った。その時はもう過ぎてしまった。本当に感じていたのは10年前のことで、それを再現しようとしても意味がない。だから私は手を引いた。」と創作意欲が不足していたことを明かした。

created by Rinker
¥5,089 (2021/06/25 09:31:37時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す