CBRより

「ウォーキング・デッド」シリーズクリエーターのロバート・カークマンが、モノクロで発売されていた「ウォーキング・デッド」の全編がフルカラーで再販されることを発表した。

Skybound Xpoのパネルで発表され、「ウォーキング・デッド」のカラー版は10月7日から発売される。 デイブ・マッケイグがカラーリングを担当し、デビッド・フィンチ、トニー・ムーア、ジュリアン・トチノ・テデスコ、アーサー・アダムスがヴァリアントカバーを担当。主要キャラクターの紹介やプロットのねじれを記念している。

再販される「ウォーキング・デッド」の各回には、「カッティング・ルーム・フロア」が収録され、このコンテンツは「カークマンが手書きで書いたオリジナルのプロットと、途中で変更されたり放棄されたストーリーラインやプロットポイントの解説」と説明されている。 プレスリリースによると、カラー化されたウォーキング・デッドは「すぐにトレード・ペーパーバックに収集されることはないだろう」とも記載されている。

「ウォーキング・デッド」は2003年にデビューし、2019年に終了した193号まで続いた。 このコミックは後にチャーリー・アドラードが引き継ぐ前にトニー・ムーアによって描かれたもので、非常に好評を博し、大規模なメディアのフランチャイズを立ち上げた。 2010年には「ウォーキング・デッド」としてコミックのテレビシリーズが放送を開始した。 それ以来、他にも様々なTVスピンオフ作品やビデオゲーム等が制作されており、現在は主人公のリック・グライムスを中心とした実写映画も制作中である。

「ウォーキング・デッド」#1は10月7日にカラー版が発売予定。

created by Rinker
¥1,896 (2021/12/08 22:45:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す