CBRより

マーベルが新たに立ち上げた「スター・ウォーズ:ダース・ベイダー」シリーズは、昨年公開された映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」に結びつくという。

シリーズのライターであるグレッグ・パックはコミコン@ホームにおいて、「最初のアークの終わりに、ベイダーは以前のビジネスをすべて解決したと主張している。しかし、皇帝はもっとよく知っている。ベイダーは恐ろしい罰を受け、新たな旅/クエストを引き受けることになるが、エピソード9に大きな意味で結びつく重要な要素がある。」と言及した。

現在行われている「ダース・ベイダー」シリーズは映画の「帝国の逆襲」と「ジェダイの帰還」の間のストーリーであり、最初の2つの号ではベイダーは最愛のパドメの損失に折り合いをつけようとしている。アナキン・スカイウォーカーがフォースのダークサイドに転向し、新たに皇帝パルパティーンに忠誠を誓った後、かつてのナブーのリーダーは失意のうちに死亡した(「スター・ウォーズ/シスの復讐」で見られるように)。パルパティーンは「スター・ウォーズ/ジェダイの帰還」で明らかな最期を迎えたが、「スカイウォーカーの夜明け」で復活の道を見つけた。

ベイダーが何らかの形でパルパティーンの最終的な再生を助けるか、またはパルパティーンの復帰の正確な秘密が明らかにされるかどうかは不明のまま。

「スター・ウォーズ:ダース・ベイダー」#3は7月29日に発売予定。

created by Rinker
¥275 (2021/07/27 16:34:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,945 (2021/07/27 17:09:33時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す