CBRより

俳優のレイ・ポーターは、最近公開されたザック・スナイダー監督の「ジャスティス・リーグ」のステッペンウルフの低解像度写真とジョス・ウェドン監督による2017年の劇場版「ジャスティス・リーグ」の全カットを比較した。

ポーターはTwitterにて、「30秒のビデオと低解像度の静止画。 すでにその『他の』バージョンの全体よりも優れている。荒らしなんてクソくらえだ。これは壮大なものになるぞ。」と言及しており、30秒のクリップ映像はおそらく6月に公開された映像のことで、ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンがダークサイドの古代の描写を見ている様子が映し出されている。

ポーターは以前、映画「ジャスティス・リーグ」でダークサイド役に起用されたことを確認していたが、スナイダー監督が監督を辞任した後、彼が撮影したシーンはすべて削除されていた。 ポーターが演じたダークサイドはザック・スナイダー監督のディレクターズカットに登場することが決まっているが、どの程度の役割を果たすのかはまだ明らかになっていない。

ザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」は、HBO Maxで2021年初頭から中旬に独占公開される予定。

created by Rinker
¥299 (2020/09/27 02:56:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2020/09/27 06:50:44時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す