CBRより

俳優ベン・アフレックがブルース・ウェイン役を辞めたことで、DCエクステンデッド・ユニバースは大きな変化を遂げた。その後、ロバート・パティンソンがマット・リーヴス監督の映画「ザ・バットマン」でダークナイトのマントを着用することが発表された。

DCファンドームで、DCフィルムズのウォルター・ハマダは、「アローバース」シリーズの「フラッシュ」で導入されたマルチバースの概念のおかげで、これは連続性に影響を与えないことを明らかにした。「これはテレビに『フラッシュ』があり、映画に『フラッシュ』があるという考えを確立するために、より多くのクロスオーバーを行うための扉を開くことになる。一方のアースでは、ガルとジェイソンとエズラがいて、『ジャスティス・リーグ』としてこれらのストーリーを語り続けることができ、もう一方のアースでは、より地に足の着いたリアルなイヤーツーのバットマンを持つことができる。それは問題ない。マット・リーヴスは、彼のゴッサムを構築し続けることができる。」と述べた。

映画「ザ・バットマン」は2021年10月1日より米公開予定。

created by Rinker
¥299 (2021/05/06 21:53:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥400 (2021/05/06 13:21:34時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す