CBRより

IDWパブリッシングとゴジラのオーナーである東宝株式会社は、コミックやゲームなどを含む複数年のライセンス契約を締結した。

2021年4月にデビューする第一弾は、エリック・バーナム、ダン・シェーニング、ルイス・アントニオ・デルガドによる中学年の読者を対象とした5部作のゴジラのミニシリーズとなる。

IDW出パブリッシングのナチー・マーシャムは声明の中で、「ゴジラファンなら誰もが楽しめるような包括的なストーリーと商品を作るために、東宝と一緒に仕事ができることを大変嬉しく思う。彼らのキャラクターのライブラリーは、文字通りポップカルチャーの巨人であり、私たちが東宝と緊密なパートナーシップを結んで制作しているものを人々が手にするのを待ちきれない。カジュアルなファンから、これらの素晴らしい生物で生きる人たちまで、本当に誰もが楽しめるものがあるだろう。」と述べている。

東宝のマネージング・ディレクターであるローラ・コーンは、「IDWは高品質なグラフィック・ストーリーテリングによってゴジラのキャラクターに命を吹き込むという点で、非常に素晴らしいパートナーであり、この関係を次のレベルに進めることに興奮している。コミックだけでなく、書籍やゲームなど幅広い分野で展開することで、ゴジラのアイコンである怪獣は、世界中の消費者が老若男女を問わず、決して忘れることのないモンスターのような痕跡を残してくれることだろう。」と述べている。

created by Rinker
¥3,598 (2021/06/22 07:18:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥300 (2021/06/22 06:33:38時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す