Newsaramaより

マーベルはイベント「キング・イン・ブラック」のタイインとなるワンショット「キング・イン・ブラック:スパイダーマン」を発表した。ライターのジェド・マッケイとアーティストのミシェル・バンディーニによって描かれ、地球上で最初にシンビオートと接触したスパイダーマンをヌルとの戦いに投入する。

マッケイは「スパイダーマンは目もくらむようなアクロバットの腕前を持っていて、振り回すことのできる蜘蛛の巣を持っていて、安全を確保するためのスパイダーセンスを持っている。彼はすべてを兼ね備えている。しかし、彼には他にも冒険の原動力となるものがあり、それは罪悪感だ。空は黒く染まり、スライムに覆われた街は、エイリアンのドラゴンの悲鳴が響き渡り、邪悪な宇宙神は彼のレベルをはるかに超えていて、同じ惑星にはいないのではないかと思わせるほど。それが全てだ。彼のせいだ。結局のところ、そもそもシンビオートを地球に持ち込んだのは誰なのか?」と述べている。

「キング・イン・ブラック:スパイダーマン」#1は2021年3月より発売予定。

created by Rinker
¥803 (2021/04/13 23:22:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ヴィレッジブックス
¥3,850 (2021/04/14 17:01:16時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す