CBRより

「バットマン」のライターであるジェームズ・タイニオン4世は、彼は「ジョーカー・ウォー」からブルース・ウェインを大幅に裕福な人物にしないことを選んだ理由を説明した。

「ジョーカー・ウォー」はパンチラインによって盗まれ、ジョーカーに与えられたブルースの財産を見たが、キャットウーマンによって取り戻し、ルシウス・フォックスに託されているお金で終わった。タイニオンによると、これは億万長者が理論的にはゴッサムの問題の大部分を解決することができたとして、バットマンをゼロからの取り組みとして行われた。

タイニオンはニュースレターで、「彼が金持ちになり、より多くの道具を手に入れ、それぞれの敵を知れば知るほど、バットマンは目の前に現れるどんな脅威も文字通り数分で倒せるような気がする。だから私の理論は、バットマンであることを難しくしようということだった。まず彼を問題の少ない種類の富豪に戻そう。ブルース・ウェイン、億万長者ではなく、ブルース・ウェイン、百万長者だ。彼はゴッサム・シティを事実上買い取り、一晩で解決できるほど裕福ではない。街には彼よりもはるかに裕福な人々がいて、彼らは力と影響力を維持しようとしているし、バットマンは彼らの世界の出身であり、彼らと戦っているのだから、彼らを売買して立ち去るだけの能力を持っていない。」と述べている。

タイニオンはまた、「バットマンはそれが今よりも簡単であったことを毎日覚えており、彼はゴッサム・シティや彼の使命をあきらめないため、彼は新しいレベルに自分自身をプッシュする必要がある。親友が警察を運営し最も多くのリソースを持ち、最も裕福な男のためにゴッサムで最も強力な力であるならば、バットマンについて語るすべての物語は、バットマンが効果的に自分自身と戦うことについての脱構築主義的な物語、またはバットマンが自分自身と彼の使命を脱構築する物語になる。バットマンが存在するようになったのは、バットマンのいないゴッサム・シティでは、より多くの子供たちが孤児になり、誰もそれを止めるために何もしないからだ。」と続けた。

「バットマン」#106は2021年3月2日に発売予定。

created by Rinker
¥3,189 (2021/06/22 15:40:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,025 (2021/06/23 07:30:23時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す