CBRより

映画「ジャスティス・リーグ」でサイボーグを演じたレイ・フィッシャーが、今後のDCコミックス作品にザック・スナイダー監督の意見を取り入れた作品を求める 「スナイダーバース復活(Restore the SnyderVerse )」運動を支持した。

フィッシャーは自身の公式Twitterで、ビクター・ストーン/サイボーグ、ブルース・ウェイン/バットマン、ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン、バリー・アレン/フラッシュ、アーサー・カリー/アクアマンといった主要キャラクター全員が登場する映画「ジャスティス・リーグ」の写真を共有し、「ファンの言うことは基準だ。基準だ。#RestoreTheSnyderVerse」とコメントしている。

フィッシャーは、来るDCコミックスのザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」に出演することが決まっており、スナイダーのオリジナルビジョンの「ジャスティス・リーグ」が公開されることになる。ザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」は、ストリーミングサービスのHBO Maxで4部構成で公開される。

フィッシャーは「スナイダーカットの公開」運動の断固たる支持者であり、ジャスティス・リーグの後任監督であるジョス・ウェドンがキャストやクルーを罵倒していたとまで主張している。同俳優はザック・スナイダー監督の「ジャスティス・リーグ」で大役を演じることになるが、フィッシャーは今後、DCフィルムズのウォルター・ハマダ社長が関与するDC/ワーナー・ブラザースのプロジェクトには参加しないと主張している。

ザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」は、HBO Maxで2021年に公開予定。

created by Rinker
¥400 (2021/06/21 16:07:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥199 (2021/06/21 22:22:40時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す