CBRより

DCコミックスは全6号の新たなシリーズ「バットマン:ザ・ダークナイト」を発表した。ライターのトム・テイラーとアーティストのアンディ・キューバートによって描かれ、ケープ・クルセイダーをイギリスに連れて行き、新たな仲間と新たな敵に出会うことになる。

バットマン:ダークナイトは、「骨は折れても精神は折れていない生涯現役のベテランのバットマンをウェインマナーから連れだし、悲惨なアクション満載のヨーロッパの探求に参加する。イギリスでの恐ろしい悲劇がダークナイトに非常に個人的で致命的なメッセージを送るときに始まり、調査するためにゴッサムシティからバットマンを引きずり出す!バットマンはヨーロッパに上陸した瞬間から、前代未聞の敵、そして再び相棒の協力を得て、エクリブリウムとして知られるヴィランを追うことになる!そして、致命的な飛行機事故の後に現れた『バットマン147』がブルース・ウェインにとって意味するものは何なのか?それは手がかりなのか、謎なのか。それともバットマンの別の罠なのか?」と説明している。

キューバートは「このシリーズはこれまでとは違ったキャラクターの取り方をしている。私がバットマンで行ってきたすべての物語は、トーンが異なっていたし、アートは物語が指示するように独自の人生を取る。『バットマン・アンド・サン』、『ワットエバー・ハプンド・トゥ・ザ・ケープド・クルセイダー』、『ダークナイトIII ザ・マスター・レース』と『フラッシュポイント・バットマン』は、その特定の物語のために独自の見た目と感触を持っていた。『バットマン:ダークナイト』も同じだ。」と述べている。

テイラーは「バットマンの物語を語る機会があればいつでも飛びつくが、アンディ・キューバートのようなレジェンドとチームを組むことは夢であり、名誉なことだ。私はアンディのダークナイト像を机の上に置いているので、彼のバットマンがいかに人生よりも大きいかを正確に理解することができる。編集者のベン・アバーナシーとアンディが、世界に疲れ果てたバットマンがゴッサムからヨーロッパに旅立つというアイデアを持ってきてくれたとき、私はすぐに年上のシニカルなバットマンの素晴らしい物語を読んだことがあると思った。しかし、課題は、もう少し色あせたバットマンのための冒険への呼び出しを見つけることだった。幸いなことに、私はすでに何かを持っていた。私は実際に2012年にベン・アバーナシーにバットマンのアイデアを提出し、9年後、私たちは『バットマン:ダークナイト』でこれのための場所を見つけることができた。そのアイデアは、これまで誰も試みたことのないバットマンから何かを奪うというものだった。そして、そこから新たなユニークなバットマンのヴィランが生まれた。すべては『エクリブリウム(均衡)』のためのものだ。」と述べている。

「バットマン:ザ・ダークナイト」#1は4月13日より発売予定。

created by Rinker
¥3,204 (2021/06/17 03:00:17時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,025 (2021/06/17 01:45:17時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す