CBRより

サンディエゴ・コミコンは7月の対面イベントが2年連続でキャンセルされ、代わりにバーチャルイベントになることを発表した。

Twitterで発表された声明の中で、SDCCは新型コロナウイルスのためのワクチンの運用開始にもかかわらず、7月はサンディエゴ・コミコンのような大規模なイベントのために、対面での集まりを主催するにはまだ早すぎるだろうと発表した。声明において「この理由から、我々は2022年の日付までの対面での集まりとしてのコミコン2021を延期し、もう一度無料オンラインのコミコン@ホームとして今年の祭典を開催するという挑戦的な決定を下した。」発表している。「限られた財源」のため、オンラインイベントは7月23日から25日までの3日間のに縮小される。

この大規模イベントの延期決定を受けて、SDCCは「より安全な代替案」として、2021年11月に「小規模な対面イベント」を開催することも発表している。声明文には「サンディエゴ・コミック・コンベンションが11月に3日間の対面式コンベンションをサンディエゴで開催する予定であることを発表できることを嬉しく思う。」と記載されている。なお、参加定員やバッジ、チケット代などの具体的な詳細はまだ確認されていない。

また、2021年のイベントにバッジを乗り換えした人は、「払い戻しを要求されない限り、それらのバッジは自動的に2022年のイベントに移行される」と発表している。バッジの払い戻しはコミコン公式サイトから申請することが可能。今回の決定は、ワンダーコンの対面イベントも同様にキャンセルされ、代わりに3月の2日間で開催される。

created by Rinker
Marvel
¥4,154 (2021/10/18 09:34:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650 (2021/10/18 02:25:39時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す