CBRより

DCは新たなブラックレーベルのミニシリーズ「バットマン:レプティリアン」を発表した。全6号のシリーズはライターのガース・エニスとリアム・シャープによって描かれ、キラークロックよりも危険な新たな捕食者がゴッサムシティに潜んでいる。

公式の概要によると「ゴッサムシティには、影に潜む殺人鬼が溢れている。殺人衝動に駆られた汚い悪党たちが、ゴッサムシティに住むすべての男女や子供たちの心に恐怖を与えているのだ。しかし、この街を恐怖に陥れる者たちの心を揺さぶるものは何なのか?かつてはバットマンだったが、人間をはるかに超えた恐ろしいものがゴッサムの悪党たちを狙って影を潜め始めたのだ。怪物の夢を見させるには、どれほどの野蛮さが必要なのか?」という。

「バットマン:レプティリアン」#1は6月22日より発売予定。

created by Rinker
¥3,747 (2022/08/13 07:14:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,761 (2022/08/13 14:35:20時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す