公式より

マーベルにより制作された「ザ・ライズ・オブ・ウルトラマン」の日本語版が、円谷プロの新たなサブスクリプション定額制デジタル・プラットフォーム・サービス「TSUBURAYA IMAGINATION(ツブラヤ イマジネーション)」にて配信が開始された。それに伴って単行本が7月30日よりヴィレッジブックスより発売されることが発表された。詳細については後日発表される模様。

「TSUBURAYA IMAGINATION(ツブラヤ イマジネーション)」は本日よりサービスを開始し、アカウント登録を行って「無料(お試し)」会員でも「ザ・ライズ・オブ・ウルトラマン」の第1話が利用することができる。

「ザ・ライズ・オブ・ウルトラマン」#1はカイル・ヒギンズとマット・グルーム、アーティストのフランチェスコ・マナ、マイケル・チョー、グリヒルによって描かれ、ファンを恐ろしい怪獣が潜む闇の時代へと連れて行く。 怪獣が生命を脅かした時、彼らの前に立ちはだかるのは・・・統合科学警備隊USPだけ。 謎の守護者たちの正体とは何者なのか? ハヤタ・シンとフジ・キキは、その謎を解くために半生を費やしてきたが、彼らの探求は数十年前からの暗い秘密に迫り、星の彼方からやってきた謎の戦士との衝突するコースに追い込まれようとしている。

created by Rinker
Marvel
¥2,188 (2021/10/17 20:58:17時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥32,980 (2021/10/18 15:43:53時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す