Comicbook.comより

Disney+(ディズニープラス)シリーズ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の主演アンソニー・マッキーは、マーベルからロサンゼルスに呼び出された時に解雇されるのではないかと思っていたことを明らかにした。

マッキーはMTV Asiaとのインタビューで、「電話がかかってきて、彼らに『ロサンゼルスに来てくれ』と言われた。瞬時にネットで自分をグーグル検索して、『クビになるようなことをしたかな?私が何をしたのか、誰かがビデオに撮って私が言ったと言った?』と言っていた。45分ほど自分をグーグル検索してみて、『よし、私は何もしていないから、この先どうなるか見てみよう』と思った。」と述べている。

マーベル・スタジオは彼に解雇通知を渡す代わりに、シリーズを売り込み、スタジオのフェーズ4計画を明らかにした。マッキーは「素晴らしかったよ。彼らに会うのはいつも楽しいし、彼らに呼ばれたときには、そのミーティングから何か特別なものが生まれるとわかっている。だから、この会議に参加するときには、結果がどうなるかとても不安だった。でも、その結果を聞いたときは、とても嬉しかった。」と述べている。

2021年、マーベル・スタジオ始動――『アベンジャーズ/エンドゲーム』で描かれたラストシーンに直結する新たな物語が明らかに。
ファルコン(サム・ウィルソン)はキャプテン・アメリカから盾を受け継いだものの、その称号を自身が担うには重すぎるものだと考え始める。しかし、やがてキャプテン・アメリカの旧友ウィンター・ソルジャー(バッキー・バーンズ)と共に世界を揺るがす壮大な戦いに巻き込まれていく――。
アベンジャーズの一員として世界を救ってきた、絶対的なヒーロー“キャプテン・アメリカ”を失って混乱した世界で、彼の意志を継ぎ、新たな“キャプテン・アメリカ”となるのは誰なのか…?

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」は2021年3月19日よりディズニープラスにて配信中。

created by Rinker
Marvel
¥1,848 (2021/06/22 01:42:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/06/21 21:02:01時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す