CBRより

マーベルはライターのジョナサン・ヒックマンによる新たなX-MENタイトル「インフェルノ」を発表した。

マーベルは「ジョナサン・ヒックマンによるX-MEN時代の最大のミステリーがインフェルノで燃え尽きる!」と述べており、ティザーアートにはチャールズ・エグゼビア教授、マグニートー、ミスティーク、モイラ・マクタガートが含まれており、主要な役割を果たす可能性がある。

今週発売された「X-MEN」#20は、この新シリーズがどのような内容になるのかを示す手がかりとなる。ミスティークはエグゼビアとマグニートーのために、オーキス(地球上のトップ科学者で構成された反ミュータント組織)のスパイとして極秘任務を遂行しており、その見返りとして、ミスティークの妻であるデスティニーの復活の列を最上位に移動させることを約束していた。しかしミスティークは、2人のミュータントリーダーが未来を見通すデスティニーを復活させる気がないことを知らない。

「インフェルノ」シリーズは9月より発売予定。

created by Rinker
¥1,474 (2021/09/28 05:35:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥10,500 (2021/09/27 16:58:10時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す