CBRより

マーベルは「スター・ウォーズ:ザ・ハイ・リパブリック」から新たなシリーズ「スター・ウォーズ:ザ・ハイ・リパブリック – トレイル・オブ・シャドウズ」を発表した。シリーズはライターのダニエル・ホセ・オールダーとアーティストのデイビッド・ワッチャーによって描かれ、ジェダイ騎士エメリック・カプターと私立探偵サイアン・ホルトが、ジェダイ騎士団に関係する謎を調査する様子を描く。シリーズでは共和国フェアで起きた出来事にも触れる予定で、これはキャバン・スコットの「ザ・ライジング・ストーム」など「ザ・ハイ・リパブリック」小説の第2波に欠かせないものとなる。

StarWars.comによるとオールダーは「ここには解明すべき奇妙で恐ろしい糸がたくさんあり、デイビッド・ワッチャーの素晴らしいアートは、この物語の雰囲気、緊迫感、深さに完璧にフィットしている。このスリリングで不気味で愉快な物語に携わることができて、とても興奮している。」と述べている。

また、ルーカスフィルム・パブリッシングのクリエイティブ・ディレクターであるマイケル・シグレインは、エメリックとサイアンのやり取りを「X-ファイル」のモルダーとスカリーに例えて、「『トレイル・オブ・シャドウズ』では、『ザ・ハイ・リパブリック』の新たな一角を開拓し、ジェダイと共和国の別の側面を見ることができる。」と付け加えている。

「スター・ウォーズ:ザ・ハイ・リパブリック – トレイル・オブ・シャドウズ」#1は10月より発売予定。

created by Rinker
¥1,839 (2021/09/28 06:46:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,348 (2021/09/28 06:46:08時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す