CBRより

Disney+(ディズニープラス)ドラマ「ワンダヴィジョン」でヴィジョンを演じたポール・ベタニーは、自身の悲しみがどのようにしてこのディズニープラスシリーズに結びついたかを明らかにした。

GQとのインタビューで、ベタニーはスカーレット・ウィッチを通じた「ワンダヴィジョン」の悲しみの探求が、いかに自分に訴えかけてきたか、そしてそれがどのように助けになったかを語った。ベタニー自身、16歳のときに弟を亡くしており、愛する人を失ったときの悲しみを知っている。ベタニーは「スーパーヒーローものの番組で、この女性が悲しみの中で言葉にならない苦しみを経験し、しかも偶然にもパワーを持ち、自分の世界を作ることができるというのは、何と巧妙なことだろう。そして、突然、現実を突きつけられ、『手放さなければならない』と気づく。私はこの作品にとても共感した。」と述べている。

涙と驚愕の結末に終わった『アベンジャーズ/エンドゲーム』から約1年半、ワンダとヴィジョンの”その後“を描く、
マーベル・スタジオ”初“のオリジナルドラマシリーズがついに登場。
とある郊外の街に引っ越してきたスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフとヴィジョンは、夢にまでみた結婚生活を手に入れ、幸せな日々を送っていた。
しかし次第にその裏に隠された”謎“がむき出しになっていく…やがて待ち受ける衝撃的&壮大な展開の行く末は…?

ドラマ「ワンダヴィジョン」はDisney+(ディズニープラス)にて配信中。

created by Rinker
¥299 (2021/12/07 22:52:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,530 (2021/12/08 21:25:50時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す