CBRより

The CWは記念すべきDCドラマ「レジェンド・オブ・トゥモロー」の第100話の概要を発表した。「wvrdr_error_100 not found」と題されたエピソードでは、ウェーブライダーのメンバーの1人の身に危険が及ぶことになる。

エピソードのあらすじによると、エイミー・ペンバートン演じる人間のギデオンは、人間としての選択に圧倒されていることに気づく。アストラとスプーナーが彼女を助けようとすると、ウイルスがギデオンのすべての記憶を破壊しようとしていることがわかる。一方、チームの残りのメンバーは、「強力な新しい敵」に立ち向かうことになる。シーズン7の第3話でもある「レジェンド・オブ・トゥモロー」の第100話は、10月27日にThe CWで放送される。公式の概要は以下。

「第100話の過去と現在のレジェンド アストラ(オリビア・スワン)、スプーナー(リセス・チャベス)、そして人間になったギデオン(エイミー・ペンバートン)がレジェンドを救おうとする中、ギデオンは人間としての新しい選択に圧倒され、緊張状態に陥ってしまう。アストラとスプーナーは力を合わせてギデオンの心の中に入り込み、ウイルスがギデオンの記憶をすべて消し去ろうとしていることを発見する。手遅れになる前に、ウイルスを倒すための計画を立てます。一方、レジェンドたちは、新たな強力な敵に立ち向かおうとしていた。」

ウェントワース・ミラーが第100話でキャプテン・コールド役を再び演じることが発表され、他にもいくつかの復帰候補のキャストが登場した。ショーランナーのフィル・クレマーは以前のインタビューで、シーズン7は全般的にAIではなく人間としてのキャラクターを探求するため、ギデオンが節目のエピソードの中心となることを明かしている。

DC「レジェンド・オブ・トゥモロー」第100話は10月27日より米放送予定。

created by Rinker
ワーナーホームビデオ
¥4,856 (2021/10/26 20:28:14時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す