CBRより

注意:以下、映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のネタバレを含みます。

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のエンドクレジットシーンでは、エディ・ブロック(トム・ハーディ)と彼のシンビオートは休暇に出かけた。しかし、彼らは異世界へと連れさられ、トム・ホランド演じるピーター・パーカー/スパイダーマンがテレビに登場したことで、事態は奇妙な方向へと進んだ。ホランドはそのカメオについて語った。

Total Filmとのインタビューでホランドは、スパイダーマンとヴェノムの対決が来るのかと聞かれ、「純粋にわからない。あの映画に参加できたことは本当にエキサイティングだった。明らかに、トム・ハーディは世界で最も偉大な俳優の1人。彼が素敵な男性であることは嬉しいこと。しかし、あまり深く考えていない。」と述べている。

ハーディが演じるヴェノムとホランドが演じるスパイダーマンが戦うという予想は、両俳優がある程度長く話し合ってきたこと。2018年、ハーディは「(ホランドと)一緒に仕事をしたい」と語った。同年、ホランドは、スパイダーマンとして戦いたいヴィランとしてヴェノムを挙げていた。現時点では、この2つのキャラクターが実際に対決するのか、それともスパイダーマンのカメオ出演は単なる一回限りのものだったのかは不明。

「悪人以外を食べない」という条件でエディの体に寄生し、彼と共同生活を送る地球外生命体(シンビオート)のヴェノムは、食欲の制限を強いられストレスの毎日を過ごしていた。そんな中、未解決事件の真相を追うジャーナリストのエディは、サン・クエンティン刑務所である死刑囚と再会する。その男の名はクレタス・キャサディ。これまで幾度となく猟奇殺人を繰り返し、収監されたシリアルキラーで、彼には死刑執行の時が迫っていた。「私の秘密を教えよう」と不気味にほほ笑み、エディに対し異様な興味を示すクレタス。突如その時、クレタスはエディの腕へと噛みつき、エディの血液が普通の人間とは異なることに気づく…… 死刑執行の時、ついにクレタスはカーネイジへと覚醒――。世界を闇へと変えていく。

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」は2021年12月3日より日本公開。監督:アンディ・サーキス、出演:トム・ハーディ、ウディ・ハレルソン、ミシェル・ウィリアムズ、ナオミ・ハリス、リード・スコット、スティーヴン・グラハム等。

created by Rinker
¥400 (2022/01/17 00:25:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,980 (2022/01/16 17:43:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す