CBRより

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のピーター・パーカー/スパイダーマンとオットー・オクタヴィウス/ドクター・オクトパスの戦いは、もともともっと長かったという。

befores & aftersのインタビューで、視覚効果スーパーバイザーのケリー・ポートが、「ノー・ウェイ・ホーム」のドック・オックとスパイダーマンによる橋での戦いの計画について質問された。このシーンはVFXスタジオのデジタルドメインが担当し、「数百のVFXショット」で構成されていると説明した。特にドック・オックとの戦いについて、ポートは「彼らはとても素晴らしい仕事をしてくれた。このシークエンスには、日の目を見ることのない、たくさんのクールなイテレーションがあるんだ。もっと長かったんだ。一番長いものでは、15分もあった。」と述べている。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」 は2021年1月7日より日本公開中。

created by Rinker
¥100 (2022/07/05 00:51:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/07/05 03:14:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す