Newsaramaより

マーベルはイベント「デビルズ・レイン」の最終号「デビルズ・レイン・オメガ」を発表した。ライターのチップ・ズダースキーとアーティストのラファエル・デ・ラトーレによって描かれ、「デビルズ・レイン」がマーベル・ユニバースに与えた影響と、スーパーヒーローやスーパーヴィランへの大きな変化を「完全に探求」し、デアデビル、エレクトラ、キングピン、新サンダーボルツの次の時代への導入となる。

マーベルによると、クロスオーバーストーリーをきっかけに、ニューヨークはウィルソン・フィスクの精神で「作り変えられ、鍛え直される」のだという。シリーズのイベントの後、街のスーパーヒーローたちは、「800万人が敵に回った新しく危険なパラダイム」に適応しなければならないという。また、ニューヨーク市長選の結果、エレクトラが「ウーマン・ウィズアウト・フィアー」として活動を続けるかどうか、またキングピンの買収の余波で現れるその他の展開についても取り上げる予定。

「デビルズ・レイン・オメガ」#1は5月より発売予定。

created by Rinker
¥275 (2022/12/09 21:34:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥2,404 (2022/12/10 03:49:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す