CBRより

映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」の共同脚本・監督のマット・リーヴスが、映画においてリドラーを純粋なヴィランとして観客に考えてほしくはないという。

リーヴス監督は俳優ポール・ダノの演技を、キャスティングのインスピレーションになっただけでなく、目指しているトーンにもなったと指摘する。リーヴスはThe Hollywood Reporterとのインタビューで、「あのキャラクターは、自分の芸術性にとらわれていて、周囲とのコミュニケーションに苦労しているんだ。それはリドラーが感じているこの孤独というアイデアと精神的につながっていた。リドラーは現代の産物で、人々がネット上で孤立し、連絡を取らない代わりに精神的な活動に引きこもるという方法なんだ。」と述べている。

このことから、リドラーは非常に人間的で親しみやすいキャラクターであり、リーヴスはダノが彼を演じるのにふさわしい資質を持っていると考えた。リーヴスは「ポールは中心から外れているため、とても親しみやすい。このキャラクターをヴィランにしたくなかったんだ。彼の闇の中にさえ、人間らしさを見たかった。」と述べている。

新たな伝説の幕開け!新バットマン/ブルース・ウェイン役には、社会現象を巻き起こした『TENET テネット』のロバート・パティンソンが大抜擢。監督・脚本を務めるのは、『猿の惑星』シリーズでエモーショナルなドラマを描き、SF映画の金字塔に新たな伝説を打ち立てたマット・リーブス。クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジー以来となる、バットマンの新たな伝説が遂に幕を開ける。

映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」は2022年3月11日より日本公開予定。監督:マット・リーヴス 脚本:マット・リーブス、マットソン・トムリン、出演:ロバート・パティンソン、コリン・ファレル、ポール・ダノ、ゾーイ・クラヴィッツ、ジョン・タトゥーロ、アンディ・サーキス、ジェフリー・ライト、配給:ワーナー・ブラザーズ映画

created by Rinker
¥5,360 (2022/11/28 05:12:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/11/28 00:00:32時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す