公式より

マーベルは「アメイジング・スパイダーマン」シリーズにて描かれた「ビヨンド」の結果、ベン・ライリーの新たなアイデンティティとなる「キャズム」を発表した。「ビヨンド」はピーター・パーカーが悲惨な戦いの後に任務から離れ、彼のクローンであるベン・ライリーが、謎の企業ビヨンドの管理下でスパイダーマンとして活躍する姿が描かれていた。

クライマックスの「アメイジング・スパイダーマン」#93で、ベン・ライリーはピーター・パーカーとの壊滅的な戦いの後、ベン・ライリーの新しいアイデンティティであり、ピーター・パーカーの最新の宿敵であるチャズムが登場する。

ライターのゼブ・ウェルズは「『アメイジング・スパイダーマン』#93は、ビヨンドボードが懸命に取り組んだメガアークの終わりを告げるもの。そしてこの物語は終わりを告げるが、ベン・ライリーの旅は始まったばかり。ピーターがベンをキャズムから引き戻すことができるかどうかを知るために、『アメイジング・スパイダーマン』を読み続けて」と述べている。

エディターのニック・ロウは「スパイディのローグ・ギャラリーの最も恐ろしい新メンバーを知る準備をしよう。『ビヨンド』のポイントの一部はキャズムの作成であり、我々は以前スカーレットスパイダーとして知られていたアーティストに大きな計画を持っているので、ウェブヘッズから目を離さないで。」と述べている。

「アメイジング・スパイダーマン」#93は発売中。

created by Rinker
¥1,760 (2022/05/25 14:34:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,837 (2022/05/25 16:27:30時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す