ScreenRantより

公開中の映画「モービウス」ではマーベル・コミックスに関連した要素や参照が多く存在している。映画に登場した多くのイースターエッグについて紹介。

以下、公開中の映画「モービウス」のネタバレが含まれますので注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

才能ある子供たちのための学校 – X-MENの面白い参考文献

モービウスの才能に感銘を受けたニコルズ博士は、彼の被保護者を「恵まれし子供たちの学園」の学校に通わせることを提案する。プロフェッサーXは「恵まれし子らのエグゼビア学園」を運営していることで知られているため、これは面白いX-MENのイースターエッグである。もちろん、これはプロフェッサーXやX-MENがソニーのスパイダーマン・ユニバースに存在するということでも、マイケル・モービウスがX-MENのメンバーと同級生だったということでもない。

モービウスのホライゾンラボは、ソニーのスパイダーマン・ユニバースにとって重要

ソニーのスパイダーマン・ユニバースにおいて、マイケル・モービウスはホライゾンラボという革命的な会社の取締役を務めている。コミックでは、ピーター・パーカー自身が一時期この会社で働いており、その技術を使ってスパイダーマンの分身となる装備を作っていたため、スパイダーマンの伝承ではホライゾンラボは重要な存在。モービウスも一時期ホライゾンで働いていたことがあり、吸血鬼の病気を治すために同社のリソースを使用していた。ホライゾンラボは、ソニーのスパイダーマン・ユニバースに登場する様々なキャラクターのリソースとして機能する可能性があります。

モービウスのオリジンストーリーは、『アメイジング・スパイダーマン』からそのまま受け継がれる

モービウスのオリジンストーリーは、ほぼ完璧にコミックから再現されている。「アメイジング・スパイダーマン」#101と同様、彼は国際海域で違法な遺伝子実験を行う。しかし、実験はうまくいかず、船に乗っていた傭兵を捕食した後、船外に飛び出す。モービウスの船はムルナウ号と呼ばれ、ドイツの映画監督F・W・ムルナウへのオマージュで、1922年の「吸血鬼ノスフェラトゥ」でドラキュラを初めてスクリーンに登場させた監督である。

モービウスがデイリー・ビューグルを復活させる – おなじみのマストヘッドと共に

モービウスが持ち帰ったデイリー・ビューグルは、この現実のニューヨークで最も愛読されている新聞だ。デイリー・ビューグルのオーナー、J・ジョナ・ジェイムソンや写真家ピーター・パーカーについての言及はないが、興味深いことに、マストヘッドはトビー・マグワイアのスパイダーマン3部作から引用されており、これは非常に同じタイムラインであることを示唆している。デイリー・ビューグル紙はどれもセンセーショナルな記事が好きなようで、「吸血鬼殺人事件(ヴァンパイア・マーダーズ)」はその条件を満たしている。

カメレオンの大脱走は、クレイヴン・ザ・ハンターを設定する可能性がある

デイリー・ビューグル誌のある号で、「カメレオンの大脱走」について言及されている。これは明らかに、スパイダーマンの最も危険な敵の一人とされる変装の達人、カメレオンにちなんだものである。ドミトリー・スメルジャコフは、スパイダーマンに自らの罪を着せたことで初めてスパイダーマンと交わった名スパイで、彼は敗れたものの、カメレオンはスパイダーマンに取り憑かれるようになった。ソニーは最近、俳優のフレッド・ヘッチンガーを、近日公開予定の映画「クレイヴン」のカメレオン役に起用したが、これは理にかなっている。コミックでは、カメレオンは映画の主人公であるハンター、クレイヴンの異母兄弟である。

ブラックキャットのイースターエッグ

デイリー・ビューグル誌の別の号では、「ブラックキャット:敵か味方か?」が掲載されている。フェリシア・ハーディは父親のブラックキャットのマントを受け継いだ泥棒であり、スパイダーマンとは曖昧な関係で、時に敵として、時に味方として、そして恋人として仕えてきた。ソニーは以前からブラックキャットの映画化に関心があり、「アメイジング・スパイダーマン2」ではフェリシティ・ジョーンズがハリー・オズボーンの助手役として出演したが、彼女の出演シーンはほとんどカットされた。最近では、ソニーがブラックキャットとシルバーセーブルを主役にした「シルバー&ブラック」の映画化を計画したが、中止となった。シドニー・スウィーニーは最近、マダム・ウェブの映画に出演することが決まり、多くのファンはスウィーニーがソニーのブラックキャットを演じていると推測している。

デイリー・ビューグル誌に面白いサイのジョークが掲載される

デイリー・ビューグル誌には、動物園のいたずらで逃亡したサイの話も載っている。この場合、明らかに実在の動物を指しているが、もちろんスパイダーマンの古典的なヴィランであるライノをもじった面白いダジャレにもなっている。ライノは「アメイジング・スパイダーマン2」に登場し、アンドリュー・ガーフィールド演じるスパイダーマンは「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」で冗談交じりにその名を語っている。

ヴェノムへの言及

FBI捜査官のアル・ロドリゲス(アル・マドリガル)とサイモン・ストラウド(タイリース・ギブソン)は、モービウスとマイロに関連した吸血鬼殺しの調査のために呼び出される。ロドリゲスは、「サンフランシスコのあの騒動以来、こんないい話はない」と指摘する。これは明らかに「ヴェノム」の出来事に言及しているが、この2つの映画の間にどれだけの時間が経過しているかは不明である。ヴェノムとモービウスの世界で誰がスパイダーマンを演じるのか、推測するのは確かに興味深いこと。

『腹が減っている時は会いたくないだろ?』

モービウスにはヴェノムのような気まぐれなユーモアはないが、時折、面白い一発芸がある。投獄されている時、モービュースはFBIに「腹が減っている時は会いたくないだろ?(You don’t want to see me when I’m hungry.)」と言う。この警告は、ブルース・バナーの有名なセリフ、「怒っている時の私は好きではないはず(You wouldn’t like me when I’m angry.)」に類似している。この並列は、制御不能の吸血鬼モービウスが、ハルクのペルソナに相当することを示唆しており、興味深い。

マルティーヌ・バンクロフトがヴァンパイアになる

マルティーヌ・バンクロフトは、モービウスのためにストーリーを大きく変えた。コミックでは、彼は珍しい血液の病気を恋人に隠しており、彼女が真実を知ったのは、彼がヴァンパイアに変身した後のことだった。一方、「モービウス」では、彼女は主人公と一緒に働く才能ある科学者であり、彼の主要な恋愛相手でもある。マルティーヌは「モービウス」のラストでコミックと同じように吸血鬼になるが、これは悲劇的な未来を示唆しているのかもしれない。コミック版のマルティーヌは血への渇望を抑えられず、最終的にモービウスに殺されてしまった。

バルチャーとシニスター・シックスのセットアップ

マイケル・キートン演じるヴァルチャーは、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でのドクター・ストレンジの最後の呪文によって、マルチバースを横断して吹き飛ばされたことが明かされ、モービウスのポストクレジットシーンに登場する。バルチャーは、自分に起きたことすべてをスパイダーマンのせいにしているようで、ニック・フューリーばりにモービウスに接近してチームへの参加を求める。これは、ソニーが長年開発に熱心な「シニスター・シックス」のための明確なセットアップとなる。

天才的な頭脳を持つ医師マイケル・モービウス。彼は幼いころから、治療の術がない血液の難病を患っていた。これまで多くの命を救いながらも、己の病を治癒する方法だけを見出せずにいたモービウスは、自らの身体に実験的な治療を施す。それはコウモリの血清を投与するという、危険すぎる治療法だった。そのまま姿を消したモービウスは、2か月後、ロングアイランド沖に座礁したコンテナ船に突如現れる。病で痩せ細った姿から一変、顔には血色が戻り、隆起した筋肉が全身を覆っていた。さらに、超人的パワーとスピード、そして周囲の状況を瞬時に感知するバットレーダーや飛行能力を手にしたモービウスだが、同時に彼の中で、抑えきれない〝血への渇望“が生まれる。やがて彼の身体に更なる変異が起こる……
このユニバースに生まれ堕ちた彼は、果たして善なのか、悪なのか──

映画「モービウス」は2022年4月1日より公開中。監督:ダニエル・エスピノーサ、脚本:マット・サザマ、バーク・シャープレス、出演:ジャレッド・レト、マット・スミス、アドリア・アルホナ、ジャレッド・ハリス、アル・マドリガル、タイリース・ギブソン、配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

created by Rinker
¥1,960 (2022/05/25 02:56:17時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥13,297 (2022/05/25 18:26:15時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す