公式より

マーベルは精鋭アーティスト「ストームブレイカーズ」による、マーベル・ユニバースの様々なロケーションをテーマにしたヴァリアントカバーシリーズを発表した。テクノロジー先進国のワカンダ、サベッジランドの神秘的なジャングル、マドリプールの意地悪な通り、そして古風だが恐ろしいドゥーム率いるラトベリアを、R・B・シルバ、桃桃子、カルメン・カルネロ、ナナターシャ・ブストスによって描かれる。

編集長のC.B.セブルスキーは「マーベルズ・ストームブレイカーズの2020-2022年クラスのアーティストたち、おめでとう!これらタイタンの才能あるアーティストたちの作品は、これまでも、そしてこれからも、絶対に素晴らしいもの。この8人の素晴らしいイラストレーターの次に何が来るのか、どれだけ興奮しているかわからない。そして、この有名なクラスは終わりに近づいているかもしれないが、私たちのストームブレイカーズプログラムはここで終わるつもりはない。 業界を揺るがす才能を持った新しいクラスがすぐそこまで来ており、次に誰が来るのかが待ち遠しい!」と述べている。

対象のタイトルは以下

5月4日発売
X-FORCE #28
X-MEN #11

5月11日発売
キャプテン・アメリカ:シンボル・オブ・トゥルース #1

6月8日発売
ブラックパンサー #7

created by Rinker
Insight Comics
¥6,615 (2022/10/06 14:08:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥6,061 (2022/10/06 17:38:04時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す