NEWSarama サイトより
2014-10-10_200823

マーベルは2015年5月からのイベントで1984年~1985年のアイコンタイトルを使用する。
これにあたって我々は復活するのを首尾よく見れる10の可能性を提示する。

10.アベンジャーズ/ディフェンダーズ・ウォー
1973年に行われた古典的なストーリーは最初とまでは言わないがこれまでのスーパーヒーロー・クロスオーバーの最初期のものの1つである。
アベンジャーズとディフェンダーズは共通する的に対して一緒に戦った。

9.ディスアッセンブルド
ブライアン・マイケル・ベンディスの最初のアベンジャーズストーリー。
アベンジャーズに考えられる最悪の日でもある。

8.2099
オリジナルの2099は1992年にマーベルによって開始された。
そして新たなキャラクターが顔なじみのキャラクターを引き受ける遠い未来の話し。

7.オーバーキル
多くのアメリカのマーベルへ未知数の風を送った1990年代初期のマーベル U.K.からのアンソロジータイトル。
マーベルユニバースのジャンルの範囲を異なる方向に拡大させた。

6.フォーエバー
つかの間のフォーエバーブランドは、まるで彼らがこれまでにいたファンのお気に入りのライターがお気に入りのシリーズに復帰することができる方法だった。
作者が広いマーベル・ユニバースについて心配する必要がなく、彼らが望んだ話を語ることができた作品。

5.MC2
もう一つの未来の世界であるMC2はアニメ映画ネクスト・アベンジャーズによって取り組まれたアイデアの試み。
様々なキャラクターの子供たちが登場し、スパイダーガールの世界としても有名。

4.オリジンズ・オブ・マーベル・コミックス
1974年に発表されたマーベル・コミックスの最初のオリジンズ。
その時のマーベルで最も人気のあるキャラクターのいくつかのオリジンストーリーのコレクション。

3.レイス・ウォー
1970年代後期にロムから始まる数年通しての複数のシリーズに及ぶクロスオーバー。
ダイア・レイスによる地球の秘密への侵入。

2.アクツ・オブ・ベンジェンス
1989年のマーベル・ユニバースのヴィランが戦略を練ってヒーローを振り切るためにお互いに敵を交換し戦った話し。

1.シビルウォー
マーベルとコミックの21世紀で一番のベストセラー作品。

シビル・ウォー (MARVEL)
マーク・ミラー
ヴィレッジブックス
2011-09-28


アベンジャーズ:シーズンワン (マーベル・コミックス)
ピーター・デイビッド
小学館集英社プロダクション
2014-10-29


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です