ワーナーが今後のDC映画のラインナップを発表!以前発表されたいくつかの映画が含まれず

COMIC BOOK.comより

ブラジルのサンパウロで行われたコミコン・エクスペリエンス 2017にて、ワーナー・ブラザーズは今後のDC映画のラインナップを発表した。

ワーナーのプレゼンテーションでは各映画のタイトルカードによって発表された。最初に今年大ヒットした映画「ワンダーウーマン」の続編が発表されたが、タイトルには「2」が記載されておらず「ワンダーウーマン2」が正式タイトルにはならない模様。2018年に公開予定の「アクアマン」に続き、DCヒーローフラッシュのイベントタイトルである「フラッシュポイント」、DCユニバースの神秘的な側面を描く「ジャスティス・リーグ・ダーク」、「スーサイド・スクワッド2」、「シャザム」、「バットガール」、「ザ・バットマン」、「グリーンランタン・コーズ」が発表された。

リストには以前発表された「サイボーグ」と「ジャスティス・リーグ2」が含まれておらず、「スーサイド・スクワッド」のスピンオフ映画「ゴッサムシティ・サイレンズ」やハーレイ・クインのソロ映画等も入っていない。

映画「アクアマン」は2018年12月21日、映画「ワンダーウーマン2」は2019年11月1日、映画「シャザム」は2019年4月5日、映画「グリーンランタン・コーズ」は2020年に米公開予定。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です