DCコミックスの2019年4月の勧誘から分かること!

DCコミックスの2019年4月の勧誘から分かること!

2019年1月23日 0

Newsaramaより

DCコミックスの2019年4月の勧誘からわかるいくつかのことを紹介。

「ザ・ワイルド・ストーム」#22では「スパークスは職権を持つ」と説明されており、不適合者たちを集めたグループで腐敗と対峙する。

「アドベンチャー・オブ・スーパー・サンズ」#9ではロビンとスーパーボーイは西部劇のような惑星を訪れ、ジョナ・ヘックスの残したものを見る。

「バットガール」#34ではバーバラ・ゴードンがジェームズ・Jr.の復活について父ジム・ゴードンと直面する。彼女は今の家から出なければならず、バーンサイドに戻らなければならない。

「フリーダム・フォース」#5では世界を支配するナチスを打倒するためにアメリカの精神を取り戻し、フリーダム・ファイターズはアンクル・サムの復活に成功した模様。しかし、ナチスは強力な武器としてオーバーマンを差し向ける。

「グリーン・ランタン」#6ではハル・ジョーダンが惑星ランに侵入するコントローラー・ミューと彼のブラックスターと対峙する。

「ホークマン」#11では「カーター・ホールは過去の人生すべて」がデスブリンガーと戦うために団結する。

「バットマン」#68のカバーではこれまでなかったキャットウーマンの独身パーティが描かれ、ストーリーでは「ナイトメアズ」の結論に向けて進む。アーカム・アサイラムの内部を通してバットマンの精神を巡り、バットマンの次なる章へと動き出す。

「ティーン・タイタンズ」#29では「デスストローク」とのクロスオーバーが続き、「すべての中で最悪の敵は内部から来ている!」とチーム内の裏切りを示唆している。

「ナイトウィング」#59ではライターのダン・ユルゲンスがシリーズを引き継ぎ、自身をリックだと思っているディック・グレイソンを扱い、彼がナイトウィングスに参加するために必要なことを学ぶ。

「ヒーローズ・イン・クライシス」#8では殺人犯が明らかにされた状況で、その理由についてが明かされる。ワンダーウーマン、バットマン、スーパーマンは彼らのリーダーシップに異議を唱えられ、サンクチュアリは彼らが想像もしなかったものになる。