Newsaramaより

DCは狂気のバットマン「バットマン フー・ラフス」の相棒となる「グリム・ナイト」のソロシリーズ「ザ・バットマン フー・ラフス:ザ・グリム・ナイト」を発表した。ライターのスコット・スナイダーとジェームス・タイニオン4世にアーティストのエデュアルド・リッソによって描かれ、1号のみのワンショットとして発売される。バットマンの最大の悪夢から逃れたグリム・ナイトは、世界で最も危険なヴィジランテであり、武器を使うことを恐れず、死に値する人物は必ずその命を止めに行く。そんなグリム・ナイトの知られざる起源を学ぶこととなる。

「バットマン フー・ラフス:グリム・ナイト」は2019年3月13日より発売。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です