CBRより

ワーナー・ブラザースはクリストファー・ノーラン監督の「TENET テネット」の興行成績が芳しくないことから、「ワンダーウーマン 1984」をHBO Maxと劇場での同時公開に変更することを決定した。

Varietyによると、「TENET テネット」の興行成績の低迷、「ワンダーウーマン 1984」の公開日が迫っていること、そして新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより新たな患者が急増していることなどが重なり、ワーナー・ブラザースは劇場公開と同日にHBO Maxでの公開が最善の道であると判断したという。

ワーナー・ブラザースはこの決定の結果、数百万ドルの興行収入を失うことになると予想しているが、同時公開が最善の妥協点であると結論付けている。「ワンダーウーマン 1984」を映画館とHBO Maxで公開することで、スタジオは新規加入者の獲得に苦労しているHBO Maxに新規ユーザーを誘導することができ、同時にパンデミックの期間中に映画を上映するチャンスを映画館に与えることができる。

多くの劇場が生存のための絶望的な闘争の真っ只中にあり、彼らは映画の観客を引き付け、パンデミックの中でビジネスを続けるために、できる限りの映画を上映しなければならないため、この動きが起こっている。

映画「ワンダーウーマン 1984」は2020年12月18日より日本公開予定。監督:パティ・ジェンキンス、出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、クリステン・ウィグ、ペドロ・パスカル、配給:ワーナー・ブラザース

created by Rinker
¥299 (2021/06/16 22:13:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥400 (2021/06/16 16:02:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す