CBRより

映画「ワンダーウーマン 1984」の好調なオープニング週末を受けて、ワーナー・ブラザースは「ワンダーウーマン3」の制作を正式に決定し、主演のガル・ガドットが主演に復帰し、パティ・ジェンキンスが脚本と監督に復帰することを発表した。

Varietyを通してワーナー・ブラザースのチーフ、トビー・エメリッヒは声明を発表し、「世界中のファンがダイアナ・プリンスを受け入れ続ける中、『ワンダーウーマン 1984』のオープニング週末の好調なパフォーマンスを牽引し、彼女の物語を実在のワンダーウーマンにするガルとパティが戻ってきて、長い間計画されていた劇場3部作を完結させることができることに興奮している。」と述べている。

「『ワンダーウーマン 1984』はサービス開始から24時間で記録を更新し、主要な視聴・加入者指標の全てにおいて予想を上回る結果となった。このような非常に困難な時代に、劇場での鑑賞が選択肢になかった家族に、この高揚感のある映画を自宅で楽しむという選択肢を与えることができて良かった。」と続けている。

「ワンダーウーマン 1984」はクリスマスに一部の劇場で公開され、HBO Maxでも同時にストリーミング配信された。自宅での映画のストリーミング視聴にもかかわらず、この映画は現在新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、最高のボックスオフィスのオープニング週末を記録しようとしている。

禁断の力により、全人類が滅亡へと向かうーー
スミソニアン博物館で働く考古学者・ダイアナのもうひとつの顔??それは最強戦士<ワンダーウーマン>。
禁断の力を手にした邪悪な実業家のマックスの陰謀により、急速に崩れ去る世界の均衡と平和。マックスが生み出した正体不明の敵チーターとは?ワンダーウーマンはたった一人で人類の滅亡を止められるのか? そして、ワンダーウーマンがかつてない敵に挑むために払わねばならない“代償”とは!?

映画「ワンダーウーマン 1984」は日本公開中。監督:パティ・ジェンキンス、出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、クリステン・ウィグ、ペドロ・パスカル、配給:ワーナー・ブラザース

created by Rinker
¥299 (2021/09/24 10:32:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥400 (2021/09/23 23:06:49時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す