Newsaramaより

DCでは今年5月のアジア系アメリカ人と太平洋諸島系アメリカ人の遺産月間を記念して、アジア系ヒーローを特集したワンショット「DCフェスティバル・オブ・ヒーローズ:アジアン・スーパーヒーロー・セレブレーション」を発売した。96ページのアンソロジーとなり、ジム・リー、アレックス・シンクレア、マリコ・タマキ、フランシス・マナプール、ジーン・ルエン・ヤン、バーナード・チャン、グレッグ・パック、アリッサ・ウォン、スミト・クマール、エイミー・チュー、マルクス・トゥ、ダスティン・グエン、クリフ・チェン、グリヒルが参加する。

この96ページのワンショット号は、DCのアジア系およびアジア系アメリカ人の豊富なキャラクターの名簿を記念して、コミック界で最も称賛されているストーリーテラーの何人かによる新しいストーリーを紹介するという。

「キャットウーマン」シリーズの現役作家であるラム5世が、キャットウーマンの弟子となった彼女の本名、秘密の出自、そして彼女の母親が誰であるかを明らかにするアクション満載の物語の中で、ついにシューズの裏に隠された長年の謎を解き明かす。

アイズナー賞を受賞したライターのマリコ・タマキは、バットマン神話の研究を継続し、オリジナルのカサンドラ・カインのストーリーを発表し、DCの象徴的なアジア系バットガールに初めて挑む。

大ヒットした中学年向けグラフィックノベル「グリーン・ランタン・レガシー」の作者であり、高い評価を得ているライターのミン・ルがアーティストトラング・ル・グエンとチームを組み、ベトナム系アメリカ人のタイ・ファムを特集した全く新しいストーリーを展開している。

計画されている登場キャラクターにはダミアン・ウェイン、アル・グール一族、カタナ、レディー・シヴァ、アトム、ダナ・タン、レッドアロー、レディー・シヴァ、ニュー・スーパーマンが含まれている。

「DCフェスティバル・オブ・ヒーローズ:アジアン・スーパーヒーロー・セレブレーション」#1は5月11日より発売予定。

created by Rinker
¥1,650 (2021/06/22 13:03:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,033 (2021/06/21 18:23:32時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す