Comicbook.comより

映画「ソー:ラブ&サンダー」の脚本家・監督のタイカ・ワイティティは、ソーの4作目が「マーベル映画史上最高」の作品になるかもしれないと語っている。「ソー:ラブ&サンダー」の撮影は、1月下旬からヘムズワースの母国であるオーストラリアで行われている。

ワイティティはWeekend Todayとのインタビューで、「(撮影は)とても順調。あと4週間残っているが、トンネルの先には光が見えている。マーベル映画史上最高の作品になるかもしれない!」と述べている。

映画「ソー:ラブ&サンダー」はタイカ・ワイティティが監督し、クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、テッサ・トンプソン、クリスチャン・ベールエアに加え、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」メンバーも出演予定。

映画「ソー:ラブ&サンダー」は2022年5月6日より米公開予定。

created by Rinker
¥2,000 (2021/05/06 12:18:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥199 (2021/05/06 20:38:51時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す