CBRより

マーベルは「ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・キャプテン・アメリカ」#3で、キカプー族のジョー・ゴメスというネイティブ・アメリカンの新しい「キャプテン・アメリカ」が登場することを発表した。

ジョー・ゴメスは、地球科学者でリパン・アパッチ族の作家であるダーシー・リトル・バッジャーと、ハリプ・ミクマク・ファースト・ネーションのアーティストであるデヴィッド・カトラーによって生み出された。

公式の概要によると「『ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・キャプテン・アメリカ』のサーガは、キャプテン・アメリカのオリジナルシールドが盗まれるところから始まる。キャプテン・アメリカのイメージに永遠の汚点をつけようと、謎のシールド泥棒がカンザス州の文化的名所を狙っていたとき、スティーブ・ロジャースとサム・ウィルソンはキカプー族のキャプテン・アメリカと出会い、彼を追いかけた。しかし、泥棒の目的には見た目以上のものがあり、3人のキャプテンは真っ直ぐに罠に向かっているかもしれない。」という。

リトル・バッジャーは「私がジョーを愛する理由は、彼の本業。それは彼のヒーローとしてのすべてを表している。ジョー・ゴメスは建設作業員で、破壊に悩まされている世界の建設者。宇宙船が橋に衝突したり、スーパーヴィランが街のブロック全体を瓦礫に変えたりするたびに、ジョーのような人が物事を元通りにする。このような仕事は一見無意味に見えるかもしれないが、ジョーは自分のコミュニティが生き残り、繁栄するのを心から楽しんでいる。だからこそ、年配の人には修理代を請求しない(ジョー・ゴメスのシニア割引は100%)。また、自分の命をかけて人を救うことも厭わない。私はジョーのような人をたくさん知っている。その多くは私の先住民の親戚だ。だから、彼の価値観、強さ、そして極度のクレーン操作の技術を持つキャラクターを開発する手助けができたことは素晴らしいことだった。」と述べている。

カトラーは、「ジョーを世界に紹介するチームの一員であることの誇りは、言葉では言い表せない。マーベル・ユニバースは最大の舞台であり、その会場に新たなファースト・ネイションズのヒーローを登場させることは、言葉では言い表せないほどの意味を持っている。」と述べている。

「ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・キャプテン・アメリカ」#3は8月より発売予定。

created by Rinker
Marvel
¥13,038 (2021/06/22 06:29:33時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す