CBRより

ドラマ「ホークアイ」での「ロジャーズ:ザ・ミュージカル」の作曲と共同作詞を担当したマーク・シェイマンが、シリーズのクレジットシーンに対するファンの不満を理解していることを明かした。

シェイマンはInverseとのインタビューで、一部のファンが将来のマーベル・シネマティック・ユニバースプロジェクトを予告するクレジットシーンを期待したことを認識していると説明し、「ポストクレジットシーンが、MCUで次に何が起こるかという新しい核心であることを期待し、望んでいた人がたくさんいることは理解している。私は完全にそれを理解している。しかし、自分たちの仕事をうまくやることで、みんなが好きではないものを作ってしまったということは、大変なことだった。ほとんどほろ苦いが、マーベル・シネマティック・ユニバースに参加することはクレイジーだ。」と述べている。

一部のファンは、「ホークアイ」のクレジットシーンが「ロジャース:ザ・ミュージカル」の全編となったことで、MCUの未来にとって何の意味合いもないとして憤慨していた。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』後のニューヨークが舞台。
アベンジャーズを辞めたい男・ホークアイのただ一つの願いは、家族と平穏なクリスマスを過ごすこと。
けれども、彼の過去に関わる事件が起こり、トラブルに巻き込まれていくことに…。
アベンジャーズになりたい若き弓の使い手、ケイト・ビショップがホークアイの戦いに加わるが、果たして彼はニューヨークを舞台にした壮大な戦いを切り抜け、クリスマスを無事迎えることができるのか。

「ホークアイ」はDisney+(ディズニープラス)にて配信中。

created by Rinker
¥1,208 (2023/02/05 11:50:17時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥220 (2023/02/05 17:36:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す