CBRより

DCと映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」の監督マット・リーヴスは、新たなコミックシリーズ「リドラー:イヤーワン」を発表した。シリーズは全6号となり、映画でリドラーを演じたポール・ダノが執筆する。

DCは、「多くの映画ファンやコミックファンにとって、マット・リーヴス監督の『ザ・バットマン』(公開中)でポール・ダノが演じたリドラーは、バットマン映画で見た中で最も冷酷で恐ろしい変身のひとつだったことは間違いない。この10月、ファンは『リドラー:イヤーワン』でリドラーの起源をより深く知ることができるようになる。このシリーズでは、『ザ・バットマン』の俳優ポール・ダノが脚本を担当し、高い評価を得ているヨーロッパのイラストレーター、ステヴァン・スービックがDCデビューを飾る。このシリーズは、会計士エドワード・ナッシュトンが、ゴッサムシティの無名な人物からバットマンの宿敵となり、大ヒットした長編映画で両者を衝突させるに至った背景を探るものである。」と説明している。

「リドラー:イヤーワン」#1は10月より発売予定。

created by Rinker
¥6,421 (2022/05/19 23:38:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,520 (2022/05/19 15:58:01時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す