マット・フラクションが作る「ホークアイ」のインタビュー!

 

CBR サイトより
2014-08-27_005206

進行中の「ホークアイ」シリーズはライター、マット・フラクションとアーティスト、デイビッド・アジャによって書かれている。
シリーズはクリント・バートとケイト・ビショップ、二人のホークアイからなる。
#19から続くドラキュラ達に耳が聞こえなくなったクリントは苦戦する。
ケイトは生きてロサンゼルスから出て最後の戦いであるニューヨークに戻れるのか?

CBR:
「ホークアイ #19はアメリカ手話法を用いられた特別な巻でした。
そして#18と#19のあいだに3ヶ月の間がありました。
私はアーティストのデイビット・アジャが正しい手話を確認したかったのだと思いました。
正しいですか?」

マット・フラクション:
「それは確かに我々が時間をかけ気をつけたことだ。
それは重要だった。
私たちは耳鼻科医とレイチェル・コールマンというASL教育者と働いた。
私も私の数人の耳の聞こえない友人に問題を示した。
それで、多くの目が我々がわけのわからないことを出していないかを確認してもらった。」

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です