映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は特別な「ハルク」3部作の第1章とラファロは明かす!

CBRより

ハルクを演じるマーク・ラファロはシネマ・ブレンドとのインタビューで、マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギと共にハルクのための新たなトリロジーを計画したと明かした。

マーベルは契約上の絡み合いによってハルクの単独映画が製作できないが、アベンジャーズやアベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロンで登場した。そして、マイティ・ソー バトルロイヤルはハルクの新たな三部作の始まりだと明かした。

「ケヴィンは(マイティ・ソー バトルロイヤル)の前に私を引っ張ってきて、『もし、君がハルクの単独映画をやろうとしたらどうやる?』と聞かれ、私は『これとこれとこれをして、これとこれで終るべきだと思うし、こうやって終わる。』と言った。そしたら彼は『私はそれが好きだ。なぜ僕たちは次の3作でそれをしないんだろう。ソー3から始めてアベンジャーズ3、4に入れよう。』と言った。私は『それは素晴らしい!』と言って、私たちはこのアークを始めた。」とラファロは話す。

映画「マイティ・ソー バトルロイヤル」は11月3日より日本公開。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です