CBRより

DCはアルフレッド・ペニーワースがトーマス・ウェインの執事になる前の人生を描いたドラマシリーズ「ペニーワース」を、更に探求する全7号のコミックシリーズ「ペニーワース」を発表した。シリーズはライターのスコット・ブライアン・ウィルソンとアーティストのホアン・ゲデオンによって描かれ、ペニーワースが冷戦時代の陰謀の真っ只中に置かれ、北極圏に近い北の地にあるロシアの軍事基地で誰が核兵器を製造しているのかを突き止めるというミッションを遂行する。

公式の概要によると「大ヒットしたテレビ番組から今日に至るまで、アルフレッド・ペニーワースは、冷戦時代のソビエト・ロシアでMI6の防諜エージェントとして活躍していた。北極圏の近くで核兵器が製造されているという情報を得たアルフレッドとパートナーは、その詳細を知るために人里離れた軍事基地に潜入することになる。しかし、物事は計画通りには進まず、この任務の影響は誰も想像しなかったほど広範囲に及ぶ可能性があり、現代の執事は自分の過去に引きずり込まれることになる・・・。」という。

1960年代のロンドンを舞台にした「ペニーワース」は、ジャック・バノンがアルフレッド・ペニーワースを演じている。シリーズではペニーワースは元英国陸軍特殊部隊の兵士で、警備会社を立ち上げ、過激派組織「レイヴン・ソサエティ」による議会の陰謀を阻止するために働くことになる。トーマス・ウェインとマーサ・ウェインは、ノーネーム・リーグのエージェントとして、レイヴン・ソサエティとの戦いでペニーワースの味方となるが、トーマス・ウェインはCIAにも潜入している。

ドラマはシーズン2までEPIXで放送され、第3シーズンはHBO Maxへ移行するための契約を進めており、現在は未定となっている。

「ペニーワース」#1は8月10日より発売予定。

created by Rinker
¥3,158 (2021/06/22 15:41:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥671 (2021/06/22 15:41:42時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す