Comicbook.comより

映画「エターナルズ」に出演するアンジェリーナ・ジョリーは、過去に有名なスーパーヒーローの役を断ったことがあると明かした。更にジョリーは「エターナルズ」で挑戦することにした理由についても説明している。

ジョリーはEmpireとのインタビューで、「私は普段、スーパーヒーローやSF映画には興味がない。普段、私がやりたいと思っていることではない。しかし、この映画では何か別のことが起こっているように感じた。とてもキャラクター重視の作品だった。彼らはスパイダーマンでもキャプテン・アメリカでもハルクでもない。筋金入りのファンの多くは、エターナルズが誰であるかを知らないだろう。彼らを一度に紹介するのは簡単なことではない。」と述べている。

以前にもジョリーは「エターナルズ」に参加する理由について言及しており、「これが、私がこの映画を作りたいと思った本当の理由だった。それは、このような多様な家族の一員になることであり、役柄の大きさは私にとって本当に重要ではなかった。MCUに参加し、クロエと一緒に仕事をして一番驚いたのは、彼女がいかに地に足がついているかということだった。キャストが初めて会ったとき、彼女は裸足で床に座っていた。この初対面で、私たちは自分たちをオタクやミスフィッツと認識していることがわかり、それが私たちを結びつけ、『エターナルズ』のストーリーに新たなレイヤーを加えてくれた。私たちの奇妙さや違いが、私たちのスーパーパワーとなった。クロエは偉大な平等主義者。彼女は、この大規模なスター級のキャストと仕事をしていたにもかかわらず、私たちに同じくらいの注意と配慮を払ってくれた。」と述べていた。

アベンジャーズに続く、新たな最強ヒーローチームが遂に始動。それは太古から地球に存在する不死の種族“エターナルズ”の物語――。10年ぶりのアクション映画に出演するアンジェリーナ・ジョリーに加え、「ゲーム・オブ・スローンズ」のリチャード・マッデン、『新感染 ファイナル・エクスプレス』(16)などのマ・ドンソクら豪華キャストが集結。メガホンを取るのは、『ノマドランド』(20)でアジア系女性として初めて本年度ゴールデン・グローブ監督賞を受賞し、本年度のアカデミー賞®にもノミネートされるなど今注目の映画監督クロエ・ジャオ。
精鋭といえるキャスト・スタッフが手掛ける新たな最強ヒーローチーム“エターナルズ”から目が離せない!

映画「エターナルズ」は2021年11月5日より公開予定。監督:クロエ・ジャオ、出演:リチャード・マッデン、クメイル・ナンジアニ、ローレン・ライドロフ、ブライアン・タイリー・ヘンリー、サルマ・ハエック、リア・マクヒュー、マ・ドンソク、キット・ハリントン、ジェンマ・チャン、バリー・コーガン、アンジェリーナ・ジョリーほか、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

created by Rinker
¥3,740 (2021/10/22 15:27:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥5,682 (2021/10/21 23:49:22時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す