CBRより

ワーナー・ブラザーズとジェームズ・ワン監督が大ヒットした映画「アクアマン」の続編でも続投するために交渉中だとデッドラインが報告した。ワン監督はアクアマンの世界を構築し続けることに興味を持っていると報告されているが、脚本が準備されている間は休暇を取る予定だ。脚本が完成されるまでは計画は保留の状態にあると報告されている。

「人間として育てられた、海底国アトランティスの末裔。シャチやサメはじめ、海の生物すべてを味方につけ、意のままに操り戦う男 ― 彼の名をアクアマン(ジェイソン・モモア)。故郷アトランティスが、人類を滅ぼさんと地上侵略を始めたとき、彼が守るのは、人類か、それとも海底か。」

映画「アクアマン」は2019年2月8日より日本公開。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です